90%の人が間違っている!健康に良い食事のバランスとは

食事で“バランスが取れている”とはどんな内容を指すのでしょうか?「何を食べるか、どういう調理方法で食べるか、いつ食べるか、どれだけ食べるか、どういう目的で食べるか」という食の“5W1H”を考えてみましょう。

「何を」「どれだけ」食べればバランスの取れた栄養摂取ができるか、ということを提案しているのが、平成17年6月に農林水産省と厚生労働省がまとめた『食事バランスガイド』です。『食事バランスガイド』はコマの形をしており、主食、副菜、主菜、牛乳・乳製品、果実等の摂取バランスを崩すと、回り続けることができないという意味もこめられています。


ぜひ参考にしてみてください。また健康に対する効能効果の表示許可を得ている「特定保健用食品」や、特定の栄養素を一定量含んでいる「栄養機能食品」などは、効果的な栄養摂取をサポートします。もちろん食べ方や食べる時間も見逃せません。 よく噛まずに食べる「早食い」や「ながら食い」「食べ過ぎ」等は100害あって一利なしです。

また、朝食を食べなかったりする欠食、夜食や間食が多かったりするのも空腹感を麻痺させます。食事は1日3食規則正しく、ゆっくりと味わって食べたいですね。盛りつけ方や食器にこだわって、目で味わう食事づくりを心がけるのもよいかもしれません。

Designed by CSS.Design Sample

inserted by FC2 system